第238回
競馬の楽しみ方~セレクトセール

2022セレクトセールについて

  1. 2022セレクトセールについて

    セレクトセールで売上レコードをまた更新

    今年も初夏の恒例行事でもある、日本最大の競走馬セリ市場セレクトセールが北海道で開催された。
     
    近年は非常に活発な動きを見せている競走馬のセリ市場で、年々、その年のセレクトセールの売上レコードを更新していくほどだ。

    今年もそのレコードを更新することとなったのだが、 初日の1歳馬セールでは、モシーンの2021(父モーリス)の4億5000万円(落札したのはダノックス)を筆頭に、22頭が1億円以上の値をつけた。
    まさにこの2日間だけは金銭感覚が狂っている(笑)。
    100万円単位ならまだしも、平気で1000万円単位で価格が詰み上がっていく様は実に異様。

    この日は233頭が上場し、そのうち222頭が落札された。
    総売上128億7000万円落札平均額5797万円はどちらも過去最高額となった。
     
     
     

    2022年も札束の殴り合い

    『ダノン』でお馴染みの(株)ダノックス(野田順弘)、ディープインパクトやキングカメハメハなどを所有した金子真人HDがそれぞれ4頭のミリオンホースを落札。 
     
    また、昨年から競走馬オーナーとしての活動を始めたサイバーエージェントの代表取締役社長・藤田晋も1億円超を4頭落札した。 
    デビューイヤーで早速重賞(ニュージーランドT・ジャングロ)を勝つなど、順調に勝ち星を挙げている同馬主(藤田晋)は、昨年のセレクトセールでもミリオンホース2頭を含む4頭を落札していたが、今年はさらに札束のアクセルを踏んできた。 
     
    初日の1歳馬セールで9頭を落札すると、続く2日目の当歳馬セールでは1億円超で8頭も落札。 
    まるでソーシャルゲームでガチャを引くかのように、億単位の金がいとも簡単にポンポン飛び交う様は、ただただ唖然とするばかりだ。
     
     
     

    藤田晋氏の新馬主としての手腕に期待?

    サイバーエージェントの代表取締役社長・藤田晋が1億円超の馬をポンポン買って昨年は「素人が参入して大丈夫なのか?」という声も聞こえていたが、だが心配無用のようで「繁殖まで期待できる牝馬を揃えてそう」と関係者の間では評判のようだ。 
     
    さすが、ただ馬を買って走らせるだけではなく、自身で馬を育成してさらに大きな夢を見るというところまで見据えているということか。これはまさに『リアル・ウマ娘』、これまではちょっとしたネタのレベルだったが、ここまで来るといよいよ現実味が出てきた。
    藤田晋氏自らの手で生産・育成牧場を経営する日も遠くないかもしれない。

     現役の活躍を期待しつつも、今回落札した馬は来年、再来年のデビューとなり、それぞれどこまでの活躍を見せてくれるのか非常に楽しみなところだ。



    新たに参入してくる無名の馬主たち

    また、そんな藤田晋氏のように、ここ最近は新たに馬主として参入してくる人(団体)も少なくない。

    今年のセレクトセールでも、今まで名前を聞かなかった団体の落札が目立った

    ジェイウォークの2021(父ドゥラメンテ)を3億円の超高額で落札した『ツーワンレーシング』。
    ジェットセッティングの2021(父フランケル)を落札した『アメリカンターフ』。
    当歳セールでコールバックの2022(父ドゥラメンテ)を落札した『ビクトリーサークル』などの新参団体が良血馬の落札に参加した。
     
    俺の競馬予想」の「」という人物然り、このようなホームページも見当たらないし、一般的に知名度の低い(むしろほぼ知られていない)得体の知れない団体の参加・入札は過去にもあった。

    こういうケースは元々個人で馬主をやっていた人が名義を変えて参加していたり、複数人での所有を目的とした参加等、様々なケースがあるのだが、現状でその素性が明らかになっていることはなく、どこの誰が購入し、どこでデビューすることになるのかは、その馬が競走馬登録されてようやく分かるケースが殆どだ。 
     
    しかしながら、イキナリでこれだけのマネーゲーム?に参入できるのはタダ者でないことは間違いないだろう。 
    藤田晋氏はもちろん、金子真人氏や故・近藤利一氏(アドマイヤ)のような大物馬主として名を挙げることができるのかは、競馬を楽しむ要素のひとつでもある。 
      
    すべての馬がその価格に見合った走りと実績を残せる訳ではないが、これだけの札束の殴りをしたからには、しっかりとその価格に見合う走りをして欲しいとオーナーたちも思っているのは間違いない(笑)


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

勝ちウマ王国という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

勝ちウマ王国という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 勝ちウマ王国の無料予想(2022/09/25)

勝ちウマ王国の無料予想(無料情報)の1ヶ月長期検証が終わり、わずか1ヶ月の無料情報で108万 900円も賭け金がかかりマイナス-42万 9,754円という結果は、ガチで買ってる人がいたら、 どう言い訳をするのか訊いてみたい。

無料情報でもこれだけ金のかかる予想サイトだと、当然「最低最悪 無料競馬予想サイトランキング」にランキング入りをして、「1日1Rあたりの平均賭け金」ではワースト3位となった。

一旦長期検証は終わったものの、1週間間を空け、再び9/24と9/25の抜き打ち検証をすると、9/24は2鞍全滅-79,600円9/25も2鞍全滅-96,800円となり、この2日だけで-17万 6400円という目も当てられない結果となった。

今回検証するのは、9/25のオールカマーの無料予想だが、なんと馬単と3連単で1着対象とした8デアリングタクト(1人気)と5ヴェルトライゼンデ(3人気)が掲示板にも入らなかったのだ。

勝ちウマ王国は、人気順位と格を重視したのだろう。

1頭目の8デアリングタクト初めての中山コースであり、三冠馬とはいえ本来の目標はエリザベス女王杯であるから故に、ここは叩き台という可能性が高かった。
徐々にテンションが高くなって発汗し、最後に馬場入り。レースは、後方で少し気負っていた。

2頭目の5ヴェルトライゼンデは、鉄砲巧者ではあるがコチラも目標は次のレース。レースはスタートで出遅れとなり、外を回る形となった上に手前も上手に替えられず緩さが見られた。
両者ともに実力馬ではあるが、目標は次走ということで、表向きには仕上がったと言いながらもここは叩き台的な状況であったのだ。

一方、1〜3着の上位3頭は、3連複の3頭目・3連単の3着候補には入れたものの、あくまでも、その他大勢という評価でしかなかった。
要するに、GIでは少し足りないのだが、GIIやGIIIでは好走を見せていた3頭であった。
しかも、一昨年の神戸新聞杯を3着していた1ロバートソンキー(6人気)を軽視して2着という失態。
ジェンティルドンナの仔で、本格化が待たれていた1着の2ジェラルディーナは、夏場に使って鳴尾記念を2着、小倉記念で2着とはハナ差と安定感が出て来て順調度は食べに比べて上だった。

GIの前哨戦で、GIを目標にする馬を上位指名するなど、自称プロなら一番やってはならないことだろ。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
7位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
8位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
9位 ダービータイムズ ¥-20,921
10位 高配当XXX ¥-19,913
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 勝ちウマ王国 ¥54,045
4位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 ダービータイムズ ¥38,727
9位 高配当XXX ¥37,827
10位 P4 ¥35,000

トップへ