第252回
競馬の楽しみ方〜競馬業界を考察する

ダートグレード競走体系の見直しで、ダートの評価と今後に注目

  1. ダートグレード競走体系の見直しで、ダートの評価と今後に注目

    楽しみ倍増のダート路線

    以前にも当競馬コラムで取り上げた、地方競馬を巻き込んだダートグレード競走体系の見直しについて、先日、JRAからもオフィシャルリリースとして、再来年の2024年から始まる具体的な内容についての発表された。
     
    改めて…になるが、大枠として『ダートのクラシック3冠競走の制定』と『ビッグレースに向けた各競馬場でのステップレースの制定』の2つが目玉となる。 
      
    ①羽田盃(4月下旬)  
    ②東京ダービー(6月下旬)  
    →従前までは南関東馬限定のクラシック競走だったが、これをJRAも含めた交流JpnⅠに格上げ。  
       
    ③ジャパンダートクラシック(10月上旬)  
    →今年まで7月に大井競馬で行われていた『ジャパンダートダービー』(交流JpnⅠ)と、10月に盛岡競馬で行われている『ダービーグランプリ』(地方交流)を一緒にした形での施行。  

    中央馬・地方馬ともに、ダート馬は上記①~③を目指す戦いが来年から始まることになる。



    今後ますますダートが評価・注目されていくだろう

    そして、それに伴って2歳~3歳年明けには全国的に開放された交流レース、各地方でのトライアルレースなども設定されており、これまでクラシック戦線は芝馬にしか目を向けられなかったものの、これでダートも同じように評価・注目されていくことになりそうだ。
     
    また、こういったレース体系の刷新に伴い、古馬ダートグレードレース一部変更の発表があった。
    主なところで言うと、川崎競馬の歴史あるグレード競走・川崎記念がこれまでの1月から4月に変更となった。 
     
    少し話は逸れるが、これまでは暮れの帝王賞とフェブラリーSの間に挟まれている日程だっただけに、最近は強豪馬が集まりづらい状況でもあり、この日程変更は興業的にもレースを使う陣営としても願ったり叶ったりだと思う。 

    などなど、他にも色々と変更事項がたくさんあり、馬券を買う我々も些か混乱してしまいそう気もするが、改革にはこういった時期も一定は必要だ。
    昨年は日本馬が海外のダートGⅠで快挙を達成したことで、改めて日本国内におけるダート馬の地位確立レベルアップが本格的に考えられている証拠でもある。
     
    一方で、賞金を中央馬にゴッソリ持って行かれる可能性のある地方馬・地方厩舎・地方オーナーとしては、すんなり喜べないところもあるかもしれないが、中朝的な観点で考えれば決して悪い結果にはならないと思っている。

    国内の競馬全体が活性化され、ひいては売上向上からレース賞金の増額…となれば、多くの人がハッピーになれるはず。
    色々なタイプの競走馬・種牡馬に価値が出て、昨今のように生産グループや良質な馬の買い手など、特定のものに偏ってしまう事象もいずれは解消されてくるのではないかと期待もしたいところである。

    実施して様々な課題は出てくると思うが、トライ&エラーの精神で日本の競馬界全体が良くなるように進んでいって欲しい。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ここ2週間の横綱ダービー無料予想の抜き打ち検証だが、 1/28×1/28×1/29は10.7倍で+350円、 1/29×2/4×2/4×2/5は10.7倍で+1,500円、 2/5×、…といったかんじで、8戦2勝6敗

今回もこの8鞍の予想精度だけで言えば回収率30%となり、前回の27%と変わらずマイナス収支となった。

さて、その中から今回は2023/02/04土曜日に提供された、横綱ダービーの無料予想を検証をする。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 横綱ダービーの無料予想(2023/02/04)

土曜日の小倉7Rは、B.ムルザバエフが騎乗する◎スペクトログラムが1番人気だった。
しかし、2番人気の○ラニカイが単勝3.0倍なのに対して、2.8倍と微妙なオッズだ。

このような、飛び抜けていない並んだオッズの場合は、どちらかが飛ぶ確率が高いもの。
そして見事なばかりに9着に飛んだのは、横綱ダービーがワイドの軸に挙げた◎スペクトログラムの方だった。

そして、1着には▲サトミノマロン(3人気)が入り、2着には○ラニカイ(2人気)という縦目で決まったのだ。
よりにもよってツイていないものだ(笑)

レースでは、3番手の外につけた◎スペクトログラムだったが、3~4角で後続に被せられると、まったく抵抗できず後退してしまい、勝負どころでやめてしまうという気難しい面が露出してしまった。そもそも、気性に難のある馬を何故軸にしたのだろうか?

まだ、引退間近となった福永が乗る○ラニカイ(2人気)を軸にするのが常套手段。これに関しては2月特有の考え方であろう。

2/5土曜日の小倉7R

同日の中京メインでは、この日誕生日の酒井学が4番人気の メイショウフンジンで勝利するぐらいだ。
勝つべき騎手が勝ち、絡むべき騎手が絡むのが、競馬だ

関係者や騎手の誕生日や、区切り(記念)の勝ち星、引退絡み、その日その日で勝ちそうな騎手や絡みそうな騎手をピックアップしてから臨むのが「情報競馬」たる所以でもあるだろう。

横綱ダービーの予想担当者にも、それくらいの情報は、掴んでて欲しいものである。

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ neos(ネオス)の無料予想(2023/02/04)

neos(ネオス)の無料予想(無料情報)1日2鞍提供されるのだが、この日は2/4(-5,400)、もうひとつは上画像の買い目で、今回検証する東京8Rの無料情報である。

このレース、単勝2.7倍のカフェカルマが1番人気になっていたのだが、鞍上は内田博で微妙な単勝倍率ってことで、個人馬券なら絶対に買いたくない部類である。

neos(ネオス)が提示したワイド馬券の相手馬は、○タイセイマーベル/戸崎(2人気)と▲ホワイトクロウ/石橋脩(4人気)の2頭だ。
3.6倍と迫った2番人気なだけに、どちらかがブッ飛びそうなレースであった。

結果は両方が飛んでしまい、どちらも掲示板すら乗らなかった。
土曜東京8R
▲ 土曜東京8R

◎カフェカルマ(1人気)➡︎10着
○タイセイマーベル(2人気)➡︎6着

唯一、▲ホワイトクロウ(4人気)が3着に絡んだのだが、競馬は▲の複勝を当てるゲームではないw
1〜4番人気を選んだ中で、唯一買い目に選ばなかった3番人気のベストフィーリングが勝ってしまうという最悪のオチ。
馬体重が、+14キロと+12キロの2頭にしてやられるとは、思いもしなかったことだろう。

選ぶレースがそもそもズレてたね。
人気馬で行きたければ、傾向をもっと調べた方が良いのではないか。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 フヤセル ¥-19,362
9位 merit(メリット) ¥-18,650
10位 キャリーオーバー ¥-18,579
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ