第106回
競馬女子・藤田菜七子ネタ

藤田菜七子騎手、2度目のGⅠ騎乗決定!

  1. 藤田菜七子騎手、高松宮記念で2度目のGⅠ騎乗決定!

  2. 先日の「フェブラリーSの競馬コラム」で書いたが、女性騎手としては初となるGⅠ騎乗を記録した藤田菜七子騎手だが、フェブラリーSでの馬券の売り上げは、前年比117.2%(約22億円アップ)となり、13年ぶりに150億円を突破したともなれば、今JRAも馬主も揃って藤田菜七子騎手を客寄せパンダに使わない手はなく、「当然」のように早くも2度目の騎乗が実現する見通しとなった。

    騎乗するのは2014年の高松宮記念で2着、同年のスプリンターズSを勝っているスノードラゴンだ。(美浦・高木登厩舎・牡11歳)


    「スノードラゴン」は2014年にGⅠ馬となって以降は勝利こそなかったものの、2017年くらいまではずっと僅差の競馬を続けられていた馬で、ただ、現役を続けるにつれ獲得賞金が増えていったため、GⅠ未勝利馬と同じ、重賞競争に出走する際には酷量(ハンデ)である斤量59kgを背負わされるようになってしまい、厳しい戦いが続くようになってしまった。

    それでも昨年、門別で行われた北海道SCでも59kgを背負いながらも3着している。
    齢も11歳となって、極端に力が衰えた感はなかったが、馬主岡田牧雄氏(マイネル軍団の総帥岡田繁幸氏の実弟)の意向で「ご苦労様」という意味を含め、今度の高松宮記念GⅠを花道に引退が既定路線となったようだ。


    …そして、その「花道」にさらに「花」を添えよう。…と、岡田氏が考えたのが藤田菜七子起用だ。
    藤田菜七子機種の存在は、今のJRAにとって、競馬業界にとって、たった一輪の花だからどれほど重宝されるものか。
    藤田菜七子騎手が2019高松宮記念で2度目のGⅠ騎乗決定した 


    馬主の岡田氏にしても「追込み馬であるこの馬向きの展開になれば、馬券ムリでも掲示板くらいは期待できる」というのがおそらく本音じゃないだろうか。
    つまりはこの「スノードラゴン」が賞金を獲ることに対しては大きく期待しておらず、ならば馬主の岡田牧雄氏が個人的に功労馬に相応しい引退の花道をどうしようかと考えた時に、フェブラリーSの盛り上がりを目の当たりにした岡田氏は最後に愛馬スノードラゴンをたくさんのファンに応援してほしいがために藤田菜七子を起用したんじゃないか、と思った。
    その方がストーリーが良いし、「注目」されるからな

    ただ、馬を送り出す馬主の心境がそうであったとしても、一頭でも抜かしてゴールさせたいのが厩舎の心境であり、誰もがこの「出来過ぎなシナリオ」の「添え物」として今流行りの女性ジョッキーと見ているのなら、一つでも上の着順を目指して競馬に臨むのが騎乗する藤田菜七子の心境だろう。


    馬主の考えは「引退の花道」かもしれないが、厩舎と騎手は「ガチ」で挑むことになりそうなのが今度の高松宮記念だ。



    また、スノードラゴンは齢11歳だが、個人的な見解だと馬体的にもそこまで痛んでいる感はなく、状態が良く勝ちに行く競馬をせずに自分の競馬に徹すれば全然掲示板(5着以内)くらいはありえる馬で、そして脚質的にも小細工の必要がない馬なので、無欲の競馬であっと驚く馬券圏内があっても、また驚けない。

    まして雨が降り泥田の馬場にでもなったのであれば…もしかして、もしかするかもしれない??

    ただ、最後に一言。
    先日の「フェブラリーSの競馬コラム」にも書いたコパノキッキングは勝っても誰も驚かない実績を持っての出走だったが、今回のスノードラゴンが勝ち負けに加われる可能性は奇跡に近いんじゃないかな(もちろん応援馬券での単勝は売れるかもしれないが)


    馬主にしてみれば良かれと思っての起用かもしれないが、今回に限ればどうしても先日の「フェブラリーS」の大成功の後なだけに「客寄せパンダ」的な側面がどうしても窺えてしまう。

    これも競馬という要素の一つだと行ってしまえばそれまでの話だが、レースが終わってみて勝てなかったにせよ「藤田菜七子頑張ったな」「高木登厩舎もよく仕上げたな」というレースを期待したいね。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ