第108回
競馬女子・藤田菜七子ネタ

またもや記録更新、藤田菜七子

  1. またもや記録更新 藤田菜七子@大井競馬場

  2. 前回「週末は藤田菜七子騎手、試練の日」で書いた後日談。
    4月10日に大井競馬場で行われた、統一重賞の東京スプリントコパノキッキングとのコンビで重賞初制覇に挑んだ藤田菜七子騎手だったが、残念ながらキタサンミカヅキに敗れ2着となり初重賞制覇はお預けとなった。
    東京スプリントで2着となった藤田菜七子騎手 
    ↑東京スプリントで2着となった藤田菜七子騎手


    「惨敗」という結果にはならず、この着順なら競馬ファンも藤田菜七子ファンも納得だろう。ホッと胸をなでおろしたのは藤田菜七子騎手本人だ。

    キタサンミカヅキに騎乗した森泰斗騎手も「藤田菜七子を負かして申し訳ない気持ちもありますが、勝負の世界なので」と、呼び捨てで憎いコメントを出してたw


    しっかし「週末は藤田菜七子騎手、試練の日」でも書いたように、今年のフェブラリーS(JRA・GⅠ)以上に藤田菜七子騎手が今回は勝つ可能性の高かった今回のレースだったから、またしても藤田菜七子に票が集まり、東京スプリント単体での売り上げが11億 8421万3300円で同競走の売上レコードで、なんと前年比は160・7%となった。

    また、東京スプリント競走当日の1日の売得金額も、相乗効果で27億 6647万4860円になり、全体だと前年比139・4%だった。「当日の1日の売得金額」だけで見てもレコード更新で、まさに藤田菜七子の行くところに売り上げ更新ありの、正にJRAにとっての女神、金のなる女。

    打ち出の小槌状態はまだまだ続きそうだ。


    これまでにも前例のないフィーバー振りを行く先々で巻き起こしている藤田菜七子騎手、前例がないため起こる事象すべてに付加価値が付いて回り、周囲も対応にいい意味で四苦八苦しているかもしれないが、それでもJRA、地方競馬問わず競馬界に藤田菜七子効果をもたらしているのは間違いなく、今後も温かい目で見守ってほしいと切に願っている。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ